あの子にだけモテればいい・・・の悲劇性

みんなにモテることを目指していきましょう!とは言うけれど・・・それでも特定の人に固執してしまうあなた。本当にそれでいいのか?一緒に考えていきたいと思います。

話は「芸能界」に飛びます。芸能界は男性・女性共に大変華やかで美しい人が多い業界です。日本人は一般の方でも美しい女性は大変多いですが、男性だとそうはいかない(女性の方に頭が上がりません)。芸能人の男性が目の前にいたら男でも「おぉ」と怯んでしまうかもしれませんね笑。

さて、そんなイケメン揃いの芸能人ですが、仲の良い女性に以下の質問をしてみましょう。

「岡田将生/伊勢谷友介/藤原竜也/松田翔太/竹野内豊/渡部篤郎」から「キスしていい??」と言われたら、みんなと出来る?

僕の女友達10人程に聞いてみたところ「みんなOKでしょ!」はなんと3人のみ。7人の女性が「え、〇〇さんは無理」と回答しました。理由は様々でしたが、決して「不細工だから・好感度が無いから」というわけではなく「何か嫌だ」というものでした。

これは何を意味しているのでしょうか?

ルックスで言えば我々の(遥か)上をゆく芸能人でさへも、必ずしも全ての女性から受け入れられることは無い、ということです。まして我々の様な一般人をや、ということです。

もしこの「拒絶されたイケメン」と「拒絶した女性」の関係が「あなた」と「好きなあの子」の関係だったら?その可能性だってあるわけですよね?(例えあなたに対して優しくニコニコしていたとしても・・・)

だから1人の女性に固執するのはやめて「無理」と言われたらスパッと諦める。そして次の女性にモテればいいのです。女性は星の数程います(疑問に感じたら統計白書を見ましょう!)。沢山いる女性の中には、あなたのことを「素敵♪」と思い、あなたもその様に感じる女性が必ずいます。

だからこそ、モテるならみんなにモテた方がいいし(チャンスが広がる/Winner takes ALLの市場だし)、その為に素敵な男性になる努力はした方がいいのです。

一緒に素敵なモテ男を目指していきましょう!

最新情報はこちら↓
>