〇〇〇ちゃんにモテたい?それでは一生モテません・・・

大事な大事な「モテる為の考え方」を数回に亘って書いていきます。

男友達と会って話すと「〇〇〇さん可愛いよねぇ・・・付き合いたいなぁ・・・」という話題がよく出てくると思います。

え?あなたもよくしている?もしそうならば、要注意。この考え方ではいつまでたってもモテる様にはなりません。

モテる為の考え方・マインドはズバリ!

■モテの基本的な考え方は「モテの最大公約数」を目指す

この考え方がとても大事です。何を言っているか分からない?説明していきます。

「学校は社会の縮図」とは言い得て妙で、恋愛における様子も全くその通りです。中学校の頃を思い出してみましょう。1クラス30人、男女はそれぞれ15人だった時、クラスに1人ぐらいはとてもモテていた男性がいたと思います。クラスの女性10人ぐらいは、その男性のファン。残りの数人の女性はクラスで2番目に人気のあった男性に興味があります。かたや男性陣はクラスで1番の人気女性は勿論のこと、他の2番手・3番手・・・もしかしたら8番手!?ぐらいの女性まで興味があったりしますよね。つまり「女性→男性への人気は1・2人に集中」し「男性→女性への人気は分散する」という状況が起きるわけです。

この実態は実は大人になってからも変わりません。モテる男性はひたすらモテる。一方モテない男性はひたすらモテない。何故ならば女性は「自分のアイドルから目移りしない」からです。

少し脱線しましたが、今の話にヒントが隠されています。そうです。「特定の誰かにモテる」何てことはあり得なくて「みんなにモテる。その中に好きな女性が混じっている」というのが「モテる人の状況」なんです。

とても大事な考え方です。誰か1人にモテるのではなく「みんなにモテることを目指す」、みんなにモテてその中から自分が好きな人と付き合う。これが正しい考え方なんです。

ダイエットと一緒ですね。部分モテは出来ないんです。

誰からもモテる=モテの最大公約数を目指す

これがモテる為の大事な考え方の1つです。

・・・それでも〇〇〇ちゃんにだけモテればいいの!そう思っているそこのあなた!次の記事で悲しい事実を一緒に考えてみましょう・・・。

最新情報はこちら↓
>