女性があなたの「手」を見て見透かすもの-手は口ほどにモノを言うということ

モテる為の「手」についての考え方です。

優先度で言えば「全体感・体型」「顔」よりも劣りますし、正直「手」の評価が多少低くても女性からそれを理由に切られることはありません。

が。それでも女性は「手」についてもしっかりチェックしています。

彼女達が「男性の手」を見て何を評価しているのか…分かりますか?

正解は「女性への慣れ/女性に対しての感度の高さ」を評価されています。

「手」正確に言えば「爪」が綺麗な男性は、女性に「安心感」を与えます。爪が綺麗なだけで「この人は女慣れしているな」と評価されますし、彼女達も安心して話をしてくれます。何故かと言うと爪が綺麗な人は「女性の視点」に立てているからなんです。

具体的に考えてみましょう。

端的かつ極端にそしてはばからず言えば「手」は女性にとって「第2の性器」です。

文字通りの機能も手は果たしますし、それだけではなく女性の肌はとても繊細。女性より力のある男性がぶつかったり・握ったりすればすぐに青あざが出来ますし、顔に手がかすめただけでも大切な肌に傷がつきます。

想像してください。

口の中に「沢山のカッターの刃」が入っている女性とディープキスをする自分を。あなたは喜んで出来ますか?僕は考えただけで、ゾワっとしました…

女性からしたら「伸びた爪」を見て、同じように感じているかもしれません。

僕は手術で下半身麻酔を受けたことがあります。尿道に15㎝のチューブが入りました。柔らかいチューブでさへあの痛みですから、硬い爪はどんなに痛いのか…そう思ってからは「爪が伸び放題」なんてことは一度もありません。

勿論、初対面の女性があなたに対して「あなたの手が私の体に触れる」なーんてことは意識してないかもしれませんが、少なくとも「その手で触れては欲しくない」と、あなたの伸びている爪を見て女性は間違いなくそう考えています。

ましてや、もし伸びた爪先が黒ずんでもしていたら…

爪が伸びているということは女性に触れていない証拠。そして女性に触れる「準備・意識」すらしていない証拠だと見られています。「僕はあなたに興味がありません」そう言い切っているのも同じこと。爪が短く切られている、それだけで「私達に触れる準備・意識がある」と思ってもらえますし、女性に「安心感」を与えます。「女性慣れ・意識の高さ」を判断される材料になるのです。

前置きが長くなりましたが、「手」の何をどうしたらいいかは下記の2点です。

1.爪
2.ささくれ

1.爪
これはもう言わなくてもわかりますね。2~3日に1回は短く切りそろえましょう。どのくらい短くすればいいかは「爪先の白い部分がない」状態がベストです。あまり深く切りすぎると自分が辛いので、2日に1回は爪を切って「常に爪先の白い部分がない」を保ちましょう。

テクニック的なことを1つ伝えておくと「切りたて」は鋭く女性が傷つきやすいので、女性に触れる可能性がある日が予め分かっている場合は「前日の晩」に切ることをお勧めします(毎晩寝る前にカットするといいかもしれませんね!)。

2.ささくれ
これは美意識の問題。体調が悪かったりするとささくれたりしますが、女性と隣り合ってお茶している時などどうしても目立ちます。確かにささくれていても「ま、男性だし」で済むのですが、他の部分(体型・顔・服装などなど)が素晴らしい場合、欠点がどうしても目立ちますので、ハンドクリームで日頃からケアをしたり、ささくれてしまった部分をハサミでカットするなどしてケアするのがよいと思います。

神様は細部に宿る?ということでしょうか??

最新情報はこちら↓
>