ここだけ押さえておけばUNIQLOでも「モテファッション」はバッチリ!!

前回からの続きです。
モテる為のファッションに必要なこと。その論点は…

と、その前に、参考となる「モテファッション」を見てみましょう!

いずれも大変「シュッ」としてますね笑!
確かに「凄くおしゃれか?」と聞かれれば、正直とびぬけておしゃれではないです。が、モテるには十分。というより「このぐらい」が丁度いいのです。詳細は以前の議論に譲りますが「デートは女性が主役」であること、モテは最大公約数を狙うこと。つまり「みんなが好むファッションをする」ことが大事なので、あまりエッジィ(トレンドを追いかけすぎる)な恰好をするとウケが下がってしまうのです。

さて本題です。下記の点を順番に見ていきましょう!

1.どこで買うか?
2.何を買うか?
3.注意すべきポイントは何か?
4.最後に

1.どこで買うか?
ジーパン・Tシャツ・Yシャツは「UNIQLO/GU/H&M」の3択です。
正確に言えば「アイテムにより使い分ける」のが正解なのですが、この3択でOK。GAPはサイズ感が少し大きいので、身長が175㎝を超えてがっしりした(むっちりはNGですので即痩せましょう!笑)方にはお勧め。ZARAはよくお勧めされていますが、こちらもサイズ感が大きいのと、意外に高いです。Yシャツは面白い素材やデザインが多いのでオシャレにある程度自信がある方は勿論お勧めです(あまり記事を長くしたくないので今回詳細は割愛します)。

靴は「Newbalanace>addidas」の2択でOK。Newbalanaceの方がシックなデザインなのと控えめかつシンプルなので、とてもコーディネートし易いと思います。addidasは白のものはPure Whiteが多いし、デザインが意外に主張しているのが多く、何だかんだで派手目が多いのでコーディネートがもしかしたら少し難しいかも…。

Yシャツで少し特徴的なものが欲しければ「ZARA/United Arrows/Ships/Beams」あたりでしょうか。

ジャケット・コートは「United Arrows/Ships/Beams」ですね。

2.何を買うか?
ジーパン1着/靴1足/Tシャツ2枚・Yシャツ2枚/ジャケット(冬はコート)/ストール(冬はマフラー)/金属時計。これさへあれば数回のデートは乗り切れます。

3.注意すべきポイントは何か?
ここが無茶苦茶大事。モテファッションを意識する上で重要な順番を書いてみましょう。

配色>素材>サイズ>新旧(レ・レ・レ!)

まず「配色」。これを外すと「女性の隣」を歩かせてもらえません。色々な本に書いてある通り基本は「モノトーン(黒・ダークグレー・グレー・白・ネイビー)を基調とし+差し色1色」です。差し色は季節感のあるもの「春夏は水色・青/秋冬は落ち着いた赤や深みのあるオレンジ」等でしょうか。意外にピンクは女性受けしないので間違っても使用しない方がいいです(着てくると「可愛い♪」と言ってくれますが、それはお世辞です注意)

「素材」。これは結構難しいですね。アパレルの店員さんはよく、季節感のある素材(麻やキルト、ベロア等々)を提案してくれますが、普段あまりお洋服を楽しんでいない人には難易度が高い(同じ型で同じ色見のアイテム(TシャツやYシャツ)でも、素材により全く異なる見え方をします)ので、こだわりがないのであれば「綿やポリ」を中心にお洋服を選びましょう。

「サイズ」。これ超重要です!基本的な考え方は「ピチピチではないぴったり」NGは「ダボダボ・ブカブカ」です。濁点が付くのはOUTと考えましょう!実際の服装を見た方が分かりやすいので下の図を参照してください。

これは記事冒頭の「モテファッション」になりますが、サイズ感を確認する為に「赤丸」の所を肩から足先まで順番に足見てみましょう。
肩幅はきつすぎず手は上まで上げられる。ジャケットであれば袖は下に着るシャツが見えるぐらい/腕時計をしていれば半分見えるくらい(真ん中のジャケットはあと0.7㎝短かったら最高だと思います)。ニットの場合は手の甲に少しかかるくらい。足元はぴったりでOK。ロールアップもトレンドでお勧めですが、足が短い人は余計に短く見えるので少しこつが必要です。

最後が「新旧(レレレ!)」。「ヨレ・クタビレ・ホツレ」です笑!どんなにお気に入りの洋服でも、Tシャツ・Yシャツは3年着たら捨てましょう。ヨレてきたらすぐ捨てる。ホツレが隠せないならこれも捨てる、です。靴も靴底がすれてきたら、汚れが落とせなくてシミが目立つなら捨てましょう。2年も履いたら十分。試算してみて欲しいのですが「購入額÷履いた回数」を計算すると1回あたり200円もかかっていないと思います。

4.最後に
メンズの服はどうしても「他の人と被る」ことは避けて通れません。ファストファッションのせいか、上記に挙げたアパレルはどこのメーカーも似たり寄ったり(デザイナーさんごめんなさい…)。そもそもメンズの服のデザインのバリエーションが少ないのと、奇抜なファッションは売れないからだと思います。なので「かぶってなんぼじゃ!!」の精神で行きましょう。その代わり!!シンプルにこだわること。特徴的な柄のYシャツ・Tシャツで被るとめっちゃ恥ずかしいです!!しかし「シンプルなデザイン」であれば、どこのブランドなんかなんてわかりません!

1シーズン着なかった服は捨てましょう。コンマリじゃないですが「1シーズン着ない服は2シーズン・3シーズンも着ません」。そして「服を持っていると新しい服を買わない」という、なんとも恐ろしいループにはまるので「捨てる」習慣をつけましょう。

お金ををかけるのは「ジャケット・コートだけ」でOK。出来れば靴もお金をかけて…といってもスニーカーは2万円で2年はけますし、ジャケット・コートも1度買えば3年は着れます(出来れば4年目は捨てるかメルカリしましょう)。高い服を長く着るのも素敵ですが、ファッションにはトレンドがあるもの。いくらシックな服でも数年もすれば若干スタイルが変わるので買い替えを強く強くお勧めします。

服装については「言葉では伝えきれない」と思うので、スタイリストを連れてアドバイスをもらいながら、今後お勧めをお伝えしていきます。

最新情報はこちら↓
>