2回目デートのコツ~ここがモテへの天王山~

初回デートでチャンスをもらえれば、2回目デートに駒を進められます。

初回デートの通り、2回目のデートでもやることは同じ。そう、まずはゴール設定からです。

2回目のゴールとは…「お互いの相性(双方見極め)」と「3回目デートの取り付け」をすること。

■お互いの相性(双方見極め)確認とは?

これはそのままズバリ「これからもこの人と一緒にいて楽しいかどうか?」を確認することです。

お付き合いすれば長い時間一緒にいるわけですし、その先にはもしかすると結婚があるので、「自然体で一緒に過ごせる相手かどうか」の見極めは必要です。

特にチェックリストがあるわけではないですが、初回デートよりもリラックスした環境で会ってみて「素の自分」に近い状態でも彼女に受け入れられるのか、一緒にいても辛くないのか、を確認するのが必要でしょう。

■無理に演じないこと・頑張りすぎないこと

初回デートの時から「ドストライク」な相手だったとしても、彼女に無理に合わせる必要はありません。というより合わせてはいけません。

感性の鋭い女性は、あなたが「無理して合わせている」というのを感覚的に理解します。そしてあなたに「残念な人」というレッテルを貼ってしまいます。折角チャンスがあるかもしれないのに、無理をして演じれば自分から機会を逃す様なものです。

何よりも「頑張っている自分」というのは、いつか破綻します。普通の状態が心地よい状態であるはずなのに、彼女と会っている時にいつも頑張っていたら会うのが辛くなるのは目に見えていますよね?

だから2回目のデートは「自然体」で望むのが大切です。

※だからといって適当な扱い方は絶対してはいけません。以前お伝えした 「デートのコツ」 はマナーとして実践しましょう。

■あんまりないかもだけど…自分を安売りするのはやめましょう!

ごく稀ですが、相手への尊重を欠く女性もいます。

30分以上遅刻してきたり、お金を払ってもらうのが当たり前の態度だったり、お礼が言えなかったり、第三者への誹謗中傷がひどかったり…。

価値観は人それぞれなのでここに挙げる様な事を気になさらない男性もいるかもしれませんが、もし、女性と話をしていて「おや?」と思うところがあれば、無理に合わせる必要はありません、次から会うのはやめましょう

本当に女性は星の数ほどいます。ルックスだけで言えば顔つきは何パターンかあるだけで、タイプの女性はすぐに見つけることが出来ます。

なので大事にして欲しいのは「女性の内面」自分と合うのか・合わないのかというところ。もし意味もなく下に見られる様な行動をされたら、男性側からすっと身を引きましょう。

■男性側が「見極め」ているのと同じように、女性側も「見極め」をしている

2回目のデートは「相性の確認」と書きましたが、勿論これは女性側も男性に対して行っていることです笑。

2回目のデートがあるということは、女性も男性に対して好意を勿論持っていますが、女性は男性よりもずっとずっと優しい生き物。たとえ初回デートが「うーん、イマイチ!」だったとしても、そのデートが決定的な「黒」ではない場合、2回目のデートまでであれば女性は応じてくれるものです(優しい)。

男性はのほほんとしている人が多いので「あれだけ楽しそうにしていたのに、急に連絡が来なくなった」なんてことはよく聞く話ですが、まさにイエローカードをもらっていた状態だったわけです笑。

殆どのケース、初回でついたネガティブなイメージを払拭できず、2回目のデート終了と共に女性との関係も終了…になってしまうのですが、上手くいかなかった時ほど成長のチャンス!次回までに成長できるように振り返ると良いと思います(対応方法や成長ポイントが分からないという人は個別にご相談ください)。

間違っても相手の女性に聞かないこと笑。逆恨みやストーカーが怖いこのご時世、絶対に女性からネガティブポイントのフィードバックはもらえません!笑(だってネガティブなポイントをフィードバックして、彼女達に一体何のメリットがあるのでしょか?)

■2回目のデートのお店は、初回デートと真逆のお店に

2回目のデートのお店を選ぶポイントは、初回デートと真逆のお店を選ぶこと。勿論、初回のデートで盛り上がった内容をネタに買い物や美術鑑賞など、ご飯以外のスポットでも良いと思います(ただし遊園地はやめましょう)。

2回目のデートもご飯であれば、おすすめは「初回デート」と真逆のお店に行くこと。初回デートがディナーであれば、明るい雰囲気のランチに。初回デートがランチであれば、しっぽりご飯を楽しめる大人のお食事処に。初回と雰囲気を変えることでマンネリっぽさを無くせますし、違う環境でお互いを見ることで、よりお互いの雰囲気を確かめることが出来ます。

■「やっぱこの人いいなぁ」と思ったら3回目のデートの取り付けに

2回会ったけれど「やっぱ、この人いいなぁ」と思ったら、3回目のデートプランを何となくぶつけてみましょう。3回目のデートを打診されOKを出されたら、基本的に告白してもOKと考えて大丈夫です(よっぽど下手くそな告白さへしなければ笑)。

3回目もご飯だと「ご飯おごってくれる人」のカテゴリーに入ってしまうので、3・4時間でデートが終わるスポットに連れ出しても良いと思います。

美術館でも、買い物でも、観光でも、好きなことでいいと思います。

■まとめ

2回目のデートはお互いの「見極めデート」。全部が全部、デートした相手に告白する必要はないですし、ちょっとイマイチだなぁと思ったまま、3回目のデートに持ち越すのもお互いにもったいないので、きちんと相手を見極めるデートにしましょう。

本当に「いいなぁ」と思う女性であれば、3回目のデートの約束を。

3回目のデートはいわば「告白の為のデート」。デートが終わる頃ではなく、実はデートが始まる前から答えは決まっているものです。

3回目のデートでの戦い方はまた今度。

最新情報はこちら↓
>