初回デートのコツ~最初は誰だって恋愛初心者/モテる為の初回デート~

待ちに待った初回のデート。

デート慣れしていない方は、デート1週間ぐらい前からソワソワしてしまうのではないでしょうか笑?大人になるとなかなか緊張する機会もないですが、こんなドキドキなら何回あってもいいですよね笑。

出会う女性と今後の関係がどうなるのか…その観点でも初回のデートはとても大事。初めてのデートで何をどうしたらいいのか一緒に考えていきましょう。

■何はともあれ「ゴール設定」から

恋愛もビジネスも何でも「ゴール設定」からです。「モテ」る為のゴールは相手の女性に好意を持ってもらい付き合うところまで(そしてゆくゆくはずっと一緒にいる)を最終ゴールとしています。

初回デートのゴールは?というと、ズバリ「次のデートの約束を取り付ける」「男性として見てもらう」です。

「え?次のデートの約束をとりつけるの??」となったあなた!2回目のデートは、初回デートが終わってから取り付けるのではなく、初回のデート中に次回のデートの約束をしてしまうのです。

女性は「あ、この人いいな」と思う相手には、少し話してすぐに「もっと会ってみたい」と思ってくれるものです。なので初回のデート中に躊躇なく「2回目のデート」の約束を取り付けてしまいましょう。

■女性が初回デートで男性を見る視点とは?

女性ほどリアリストな生き物はいません。まぁ、人類の進化の歴史を考えれば力の弱い女性は男性に守られて(勿論今の時代ではないですよ)生きていく必要があった為、男性の見極めがすなわち自分達の生存確率に直結していたので「男性の値踏み」をするのは当然かもしれません。

女性が初回デートで男性を見るポイントは「恋人なのか友達なのか/あるいはそれ以下なのか」というところ。

どんなに素敵な男性でも「男」として認めてもらえなければ、恋人になるのは至難の業。なのでデート中は「男」として見てもらえるように意識をしましょう。

※この辺のポイントは「デートのコツ」に載せたので参考にしてもらえれば

具体的なアクションでおさえると良いと思うのは「手をつなぐ」ということ。

勿論、無理やり手をつなぐと痛い(そしてやばい)男性になってしまうのでNGですが、食事して外に出て並んで歩けば、自然とお互いの手の距離は近くなります。

その際に勇気をだして握ってみましょう。間違っても「手つないでいい?」なんて聞かないこと笑。

聞いてしまうことがどのくらい恥ずかしいことかと言えば…就業中に上司に向かって「おしっこして来ていいですか?」と聞くぐらい恥ずかしいこと。なので、黙ってさりげなくつなぎましょう。

つないだ際に女性が「え?え?」と動揺していても、そのまま握っていてOKです。嫌だ!と振り払われたら離せばOKです。

あなたに清潔感があり普通に会話をしていたのであれば、女性もビックリこそすれ、そんなに嫌な感じで手を払いのけたりしません。(あなたが女性に慣れていない時は、恐らく手汗でびっしょりなると思いますが、慣れましょう笑)

■初回デートではどこに行くべきか?

初回デートは「オシャレなカフェ」で十分

初回デートの目的は「あなたらしさ」を知ってもらうことと、どんな女性か「気持ちの相性」をチェックする場なので、高いお店や仰々しいデートは全く不要です。

お互い軽い気持ちで会える様なそんな場所をチョイスすれば十分です。

※都内近郊でデートにお勧めのスポットはまとめて別途アップしますね

出来ればうるさ過ぎず・静かすぎないところにしましょう。場所は東京・有楽町・恵比寿あたりがいいかも。うるさいと声をはらなければいけないし、静かすぎると恥ずかしすぎてモジモジしてしまうので程よい雑音が入ってくるぐらいがイイですね。

最初はお店を探すのが大変だと思いますが、行きつけのお店が出来れば普段にも使えるし、自分の勝負店として色んなシチュエーションで利用が出来るので行きつけを作るのもお勧めです。

■初回デートは夜がいいの?昼がいいの?

これは「あなたが使えるお金」と「恋愛偏差値」の組み合わせで決めればよいと思います。

基本、デート代は全部男性が持ちましょう。勿論、お付き合いしてからは割り勘であったり奢ってもらうことがあっても良いかもしれませんが、男性から誘っておいて、男性がお店を決めているのに女性からお金をとる考えはなくした方がよいでしょう。

※女性は女性らしくいる為に凄いお金を自己投資にかけています…その点を理解するのも大人の男性のマナーです

2人あわせて5,000円以下の予算であれば、ランチデート
2人あわせて10,000円以下の予算であれば、ディナーデート

女性と目を合わせるのも会話も続けるのが苦手であれば、ランチデート
女性と気兼ねなく会話を続けられて手も握るの辛くなければ、ディナーデート

上記の判断軸でデートの時間帯を決めるので良いでしょう。

1点注意するとすれば「デートの時間」。初回のデートは断然「お食事」でいいのですが、1つのお店に滞在するのは「長くて2時間」にしましょう。

これはどんなに楽しくても「2時間」です。なんでも「やりすぎる」のはネガティブでしかありません。これはデートでも同じ。どんなに仲良くなれそうな女性でも1つのお店で2時間いたらお店を変えること。そして出来れば2軒目は行かないでその日は解散すること。

本当に女性が楽しければ、自然と2回目のデートの約束は取り付けているはずですし、次のデートが楽しみで仕方がないものです。

■初回デートの会話のコツ

初デートで会話を続けるコツは、ズバリ「会話のバランス」にあります。理想の会話バランスはこんなところでしょう。

「質問2割/あいづち3割/相手の話に対する自分の意見2割/自分のこと3割」

具体的な質問の方法は過去のログ「デートの始まりはいつだって「質問」から」をご参照してみてください!

■まとめ

初回デートで大切なのは何よりもゴール設定。このデートで何を達成したいのかはっきりさせてからデートに臨むと、次のデートにも確実に活きていきます。

次のデートに誘うコツは「共通事項」を見つけること。趣味でも仕事でも好きな事でもなんでもいいですので、女性と自分の共通事項をみつけて、それをネタに誘ってみるのが一番よいでしょう。

無ければ無いで無理する必要は全くありません。それはその女性と合わないという証拠だから。心からお礼を言って次の女性に向かえばいいのです。

自分の恋愛レベルと予算に合わせてお店と時間帯を選びましょう。不安があれば相談してもらえれば一緒に考えます。

あとは会話を楽しむだけ!自分のことを話し過ぎないように、黙り込まない様に、初めのうちは会話のバランスを意識しながら会話をしてみましょう。慣れてくれば自然とそのバランスで話が出来るようになります。

モテる為にはなにはともあれ「女性と接触する回数」が大事。積極的に女性と会って会話を楽しみましょう。

最新情報はこちら↓
>